高体連
 フォルダ
名前
更新日
 
 
高体連水泳専門部
12345
2018/08/01

第53回県高校新人水泳競技大会の要項をアップ致します。

| by 福島県高体連水泳専門部
各学校の顧問の先生方

 第53回福島県高等学校新人体育大会水泳競技大会の要項をアップ致します。

 なお、申し込み締め切りは、Webエントリーが8月29日まで、提出書類の送付期限が尚志高等学校に8月31日必着となっております。遺漏のないようにお願い致します。

 また、今後必要な連絡、代表者会議資料につきましては、このページにてご連絡致します。随時御覧いただきますようお願い致します。

H30県新人大会要項(0724).docx

H30県新人宿泊申込書.xls
00:00 | 連絡事項
2018/07/23

東北大会の結果

| by 福島県高体連水泳専門部
 東北大会の県勢の結果

 7月20日から22日まで山形県山形市総合スポーツセンター屋外プールで第73回東北水泳大会、第66回東北高等学校選手権水泳競技大会、第86回日本高等学校選手権水泳競技大会予選会が行われました。福島県勢の結果です。速報の形でお出しできませんでした。申し訳ありません。

 初日
 午前の予選競技において今大会初の標準記録突破を果たしたのは日本大学東北高等学校1年生の菅家綾美さんでした。女子200M平泳ぎにおいて標準記録を突破。続いて男子50M自由形において福島成蹊高等学校2年の五十嵐蓮君が標準記録突破。

 午後の決勝競技では、日本大学東北高等学校の菅家綾美さんが女子200M平泳ぎにおいて標準記録を3秒近く上回る2:33.66で優勝。男子400M個人メドレーでは、日本大学東北高等学校2年の岩崎幹大君が標準記録を突破して2位、勿来工業高等学校3年の蛭田智也君が3位。男子4×100Mフリーリレーにおいて福島成蹊高等学校チームが標準記録突破で3位という結果でした。

 2日目
 午前の予選競技において福島成蹊高等学校2年伹野智哉君が男子200M背泳ぎで標準記録突破。日本大学東北高等学校岩崎幹大君と勿来工業高等学校蛭田智也君が男子200M個人メドレーで標準記録を突破。女子4×100Mメドレーリレーにおいて日本大学東北高等学校チームが標準記録を突破。

 午後の決勝競技においては、湯本高等学校3年伊藤理智さんが女子200M自由形で2位、日本大学東北高等学校1年安達光さんが女子200M背泳ぎで標準記録を突破して優勝、福島成蹊高等学校伹野智哉君が200M背泳ぎで標準記録を突破して2位、福島成蹊高等学校2年安齋叶空君が100Mバタフライで3位、勿来工業高等学校蛭田智也君が200M個人メドレーで標準記録を突破して2位。女子4×100Mメドレーリレーにおいて、日本大学東北高等学校チームが標準記録を突破して2位、男子4×100Mメドレーリレーにおいて、福島成蹊高等学校チームが標準記録を突破して優勝という結果でした。

 3日目
 午後の決勝競技において、湯本高等学校3年伊藤理智さんが標準記録を突破して4位、女子100M背泳ぎにおいて日本大学東北高等学校安達光さんが2位、清陵情報高等学校3年澤村凪紗さんが3位、男子100M背泳ぎにおいて福島成蹊高等学校伹野智哉君が3位、日本大学東北高等学校菅家綾美さんが100M平泳ぎにおいて標準記録を突破して優勝という結果でした。

 以上男子5名8種目、女子4名7種目、男子リレー1チーム2種目、女子リレー1チーム1種目が8月17日より愛知県名古屋市の日本ガイシアリーナで行われる第86回日本高等学校選手権水泳競技大会の出場権を獲得いたしました。さらなる応援をお願いいたします。

 また、OBの皆さんも頑張っていました。湯本高等学校出身の寺田拓未君、渡邊周斗君、福島成蹊高等学校服部翼君が東北大会に一般の部で参加、優勝、入賞を果たしています。

 非常に暑く、過酷な環境において、選手はみんな頑張っておりました。また、福島県高体連から7名の教員が競技役員として参加、選手を支えておりました。

 次の大会は7月28日から行われる福島県総合体育大会水泳競技大会です。頑張ってまいりましょう。
16:52 | 報告事項
2018/07/17

東北大会の追加資料がアップされております

| by 福島県高体連水泳専門部
東北大会に出場する各校顧問の先生方

 本日7月17日16時30分現在、山形県高体連水泳専門部HPに

    監督者会議資料
    撮影許可申請書
    競技順序
    追加連絡
    保護者の皆様へ

 がアップされております。ご確認頂き、必要に応じて印刷され、生徒への配布をお願い致します。

16:30 | 連絡事項
2018/07/13

東北大会の監督者会議資料がアップされております

| by 福島県高体連水泳専門部
東北大会に出場する各校顧問の先生方

 ただいま、山形県高体連水泳専門部HP  
 
    http://www.geocities.co.jp/swim06ygt/info.html

 にて、東北大会の監督者会議資料がアップされております。各校印刷の上、ご持参下さい。

 また、撮影許可申請書もアップされております。チーム情報を記入の上コピーをされ、保護者の方にお渡しする際「責任者許可印」を押印されるとよろしいかと思います。

 来週末からの東北大会、一人でも多くの選手がインターハイに出場できるよう、チーム福島で頑張りましょう!!!

12:36 | 連絡事項
2018/06/26

県大会8傑表をアップ致します!!!

| by 福島県高体連水泳専門部
各校顧問の先生方

 県大会前日練習も含めて4日間お世話になりました。

 さて、8傑表をアップ致します。東北大会処理などのご参考になさってください。

 なお、男子1500M自由形を除く8位入賞者は7月20日より山形県山形市総合スポーツセンター屋外プールで行われます東北大会にコマを進めます。

 福島県選手団にぜひとも応援をお願い致します!!!

第64回福島県高等学校体育大会水泳競技大会男女得点付き一覧表(最終) (1).xlsx
08:30 | 連絡事項
2018/06/26

県大会最終日トピックス!

| by 福島県高体連水泳専門部
県大会最終日トピックス!!

 本日も選手の力泳が光りました。

 まず、タイムレース決勝となった女子800M自由形で、福島成蹊高等学校芳賀由佳里選手が400Mとの2冠達成。100M自由形において湯本高等学校伊藤理智選手が200Mとの2冠達成。男子100M平泳ぎでは、郡山北工業高等学校新田隼生選手が200Mとの2冠達成。同じく女子100M平泳ぎでは、日本大学東北高等学校菅家綾美選手が200Mとの2冠達成。100M背泳ぎでは、福島成蹊高等学校伹野智哉選手が大会新記録で200Mとの2冠達成。

 また、4×200Mリレーにおいては、女子において優勝した日本大学東北高等学校チーム、2位の福島成蹊高等学校チーム、3位の湯本高等学校チームがそれぞれ県新記録、県高校新記録、大会新記録を樹立致しました。
 男子は福島成蹊高等学校チームが大会新記録で優勝いたしました。

 学校対抗の結果は以下の通りです。
 男子総合
 優勝 福島成蹊高等学校 126点
 2位 日本大学東北高等学校 111点
 3位 会津学鳳高等学校 79点
 4位 郡山北工業高等学校 62点
 5位 いわき桜が丘高等学校 55点
 6位 勿来工業高等学校 36点
 7位 福島高等学校 27点
 8位 白河実業高等学校 27点 7位・8位はリレーの点数の高い学校が上位

 女子総合
 優勝 日本大学東北高等学校 135点
 2位 福島成蹊高等学校 92点
 3位 湯本高等学校 82点
 4位 いわき桜が丘高等学校 55点
 5位 郡山東高等学校 53点
 6位 平商業高等学校 48点
 7位 福島南高等学校 34点
 8位 郡山商業高等学校 31点

 次の投稿で本大会8傑表をアップ致します。
08:29
2018/06/24

県大会2日目トピックス!

| by 福島県高体連水泳専門部
県大会2日目トピックス!

 本日は県新記録(県高校新記録)1、大会新記録が合計9という素晴らしい結果となりました。

 まず、女子200M背泳ぎにおいて清陵情報高等学校澤村凪紗選手が、平成6年に平商業高校安斎春美選手が樹立した2:19.58の記録を塗り替える2:18.95で県新記録、県高校新記録、大会新記録で優勝しました。

 また、同じく女子200M背泳ぎにおいて日本大学東北高等学校安達光選手が2:20.41の大会新記録で第2位、男子200M背泳ぎにおいて福島成蹊高等学校伹野智哉選手が2:06.96の大会新記録で優勝、男子200M個人メドレーにおいて日本大学東北高等学校岩崎幹大選手が2:06.14の大会新記録で優勝、勿来工業高等学校蛭田智也選手が2:07.50の大会新記録で第2位、女子400Mメドレーリレーにおいて日本大学東北高等学校チームが予選において4:25.61、決勝において4:24.41の大会新記録で優勝、男子400Mメドレーリレーにおいて福島成蹊高等学校チームが3:54.78の大会新記録で優勝、また、第1泳者の伹野智哉君が58.93の大会新記録を樹立致しました。

 その他の種目の結果は競技結果速報サービスを御覧下さい。

 明日は最終日です。最後まで選手の力泳にご声援をお願い致します。
20:28
2018/06/24

東北大会の要項について

| by 福島県高体連水泳専門部
東北大会の出場権を得た各校顧問の先生方

 東北大会の要項について、山形県高体連水泳専門部から要項に訂正があり一部変更したとの連絡がありました。東北大会の出場権を得た顧問の先生におかれましては、本日(6月24日)以降の要項、提出書類を用いて出場書類を作成されますようお願い致します。

20:21 | 連絡事項
2018/06/23

県大会初日のトピックス

| by 福島県高体連水泳専門部
県大会初日のトピックス

 本日より3日間、郡山しんきん開成山プールにおいて第64回福島県高等学校体育大会水泳競技大会が行われております。皆様の応援、よろしくお願い申し上げます。

 本日の結果は、大会新記録が2つと、上々の滑り出しを見せました。

 まず大会新記録を樹立したのは、男子400M個人メドレーにおいて、日本大学東北高等学校岩崎幹大選手が4:32.32の、また、男子4×100Mフリーリレーにおいて、福島成蹊高校チームが3:36.06の、本大会新記録を樹立致しました。福島成蹊チームは昨年に引き続き2連覇です。

 その他の主な結果ですが、女子50M自由形において、会津若松ザベリオ学園高等学校山崎千帆選手が昨年に引き続き優勝。また、男子50M自由形においては、福島成蹊高等学校五十嵐蓮選手が、大会記録に1/100秒に迫る24.37のタイムで優勝。女子200Mバタフライで安積黎明高等学校菊田真生選手が、昨年に引き続き2連覇を達成しました。

 上記以外の結果につきましては、右側、リンクリスト内の
「競技結果速報サービス」 http://akitaswim.com/s/fukushima/S_select.php

を御覧下さい。表彰された選手、チームの写真も掲載されております。

 明日は大会2日目、200M自由形、背泳ぎ、個人メドレー、100M バタフライ、4×100Mメドレーリレーが行われます。応援よろしくお願いいたします。
22:30
2018/06/21

第64回県高校大会の駐車場に関するお願い(追加)

| by 福島県高体連水泳専門部
各校顧問、保護者並びに観客の皆様へのお願い

 6月23日(土)から6月25日(月)に県高等学校体育大会水泳競技大会が郡山しんきん開成山プールで行われます。駐車、並びに送迎につきまして、次の3点につきましてご留意いただき、ご協力をお願い申し上げます。

 1,本大会は、保護者の駐車場をご用意することができません。公共の交通機関をご利用頂くか、近隣の有料駐車場をご利用くださいますようご協力お願い申し上げます。なお、プールの駐車場入り口には警備員を配置しており、関係車両以外は入ることができません。予めご承知おき下さい。

 2,保護者の送迎につきまして、路上駐車、停車をされますと交通渋滞となり、警察の方が出動することもあります。特にプール南側、プール東側の内環状線に駐停車されますと渋滞を引き起こす原因となります。そのようなことになりませんよう、路上での乗降をお控え下さい。
 なお、駐輪場はプール北側に用意しております。

 3,明日以降、開成山陸上競技場、野球場においてそれぞれの大会が開催されます。そのため送迎用の大型バス、マイクロバスは駐車できません。乗降した後は速やかに移動をお願い致します。

 以上3点、ご協力をお願い致します。

15:00 | 連絡事項
12345

ピックアップ

 
 
 
 

各種お問合せはこちら

一般社団法人福島県水泳連盟
〒960-1101
福島県福島市大森字本町14番地
TEL : 024-573-6253
FAX : 024-573-6253
各種お問合せ先アドレス
 

バナー

カウンタ

アクセス数428191